ヘアケア

スタイリング剤のいろいろ

スタイリング剤 
剤型の種別

スタイリング剤は使い方に応じて

様々な剤型があります。

1. ヘアクリーム

セット力(髪を固定する力)は弱いけどなめらかさや柔軟性を与え髪をまとまりやすくすることができる。

洗い流さないタイプのトリートメントとも呼ばれています。

 

2. ヘアワックス

ヘアクリームにセット力をプラスしたもので、髪同士を粘着させて毛束を作り、毛流れをつけたり立たせたり出きます。

ハードタイプはセット保持力がよく、質感を出したい時に便利です。

3. ヘアスプレー

ハードスプレーは乾かして整えたヘアスタイルの流れやボリュームを崩さずにキープできます。また、後れ毛や表面に出てくる浮毛などにも使えます。

ソフトやナチュラルスプレーはサラサラーと指通りを良くして毛流れを整えます。

 

髪に霧状で噴霧席るので手を汚しません。

4. フォーム(泡)

気体を含んだ泡なので、髪全体にムラなくつけたい時に便利です。

5. ミスト(フィンガーポンプ)

ミストは液状のセット剤を容器に入れ霧状にしてだしたもの。

手を汚さずに使えます。

 

 

ヘアウォーターは、髪を濡らしてパーマのカールを整えたり、寝ぐせを直したり、髪の手触りをよくしたりします。

6. ジェル

セット剤やトリートメントをジェル状にしたもので粘性があります。

毛束感を出したり流れをつけたり、部分的にもつけやすいので前髪を立ち上げたりも出きます。

つけるとカチッと固まりますが水溶性なので水分をあたえることでリセットできます。

7. ローション

ジェルをゆるくしたもの。

髪全体にスタイリング剤をムラなくつけることができ、なじませやすいのが特徴です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です