ヘアケア

美容師が実践する効果が出るトリートメントの方法

1.トリーメント前のすすぎはしっかりと

 

シャンプー後のトリートメントは、シャンプー剤が髪に残っていると十分な効果が発揮できません。

頭皮や毛先にシャンプー剤が残らないよう、ヌルヌル感がなくなるまで、しっかりとすすぎましょう。

 

 

 

2.トリートメント前にタオルドライ

 

すすぎ終えたら、髪を握っても水分が出てこないくらいまで、タオルで髪の水分をしっかり取り除きます。

 

3.ダメージしている毛先からつける

 

トリートメントをつける手順・・・

最初にダメージしている毛先に手ぐしを通しながら揉み込んでいきます。

次に、毛先から手ぐしを通しながら中間へと伸ばしていきなじませます。

ダメージしている部分中心になじませます。

根元の方は、ダメージが少ないと思うので、つけなくても大丈夫。

根元につけるとベタベタした感じが残ったり、頭皮について毛穴の詰まりにつながったりします。

 

 

4.目の粗いコームでコーミング

髪全体になじませるために、目のあらいコームを使い、コーミングしていきます。

この一手間をするだけで、髪にまんべんなくトリートメントがつきやすくなります。

お風呂場に一本、目の粗いコームをおいておくといいですね。

 

 

5.タッピング

浸透を促進させるために、髪を指の腹や手のひらで挟みながら押さえます。

これをタッピングといいます。

トリートメントは、ただつけるだけでは浸透しないので、手の温度で温めながら施術することで効果を高めます。

 

 

 

6.蒸す

熱めのお湯でタオルを濡らして絞り、蒸しタオルを作ったら頭と髪の毛をくるみます。

 

タオルの代わりにラップも使えます。

ラツプを巻くことによって、頭皮からの体温を閉じこめ、トリートメントの浸透を促進させます。

上の2つを組み合わせた、蒸しタオルの上からラップを巻くのもいいですね。

放置時間5〜10分位が目安です。

 

7.流す

 

 

すすぎが甘く、トリートメントが頭皮に残ってしまうと、肌荒れを引きおこしたり頭皮のトラブルの原因にもなるので、ヌルヌル感がなくなるまで流しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です